仏教女子にも人気!塗るお香「塗香(ずこう)」で心も体もリフレッシュ!

流川香 塗香

ryusenko-zuko-image

最近は忙しくて、なかなかゆっくりとする時間がとれないのが悩みなんですよね。

これ以上心と体に負担をかけないために、香りのチカラをかりてリフレッシュするように心がけているんです。

普段は、ルームフレグランスやアロマオイルを使って気分転換しているんですが、最近ある香りの楽しみ方を知ったんです♪

それは・・・

塗香(ずこう)

粉末のお香を塗って香りを楽しむものなんです。

西洋のアロマとは一味違った、東洋の高貴な和の香りを身にまとうと心身ともに清められて、何とも心が落ち着くんですよね♡

仕事や家事で毎日忙しい女性にぜひ「塗香」を取り入れて、リフレッシュしてほしいなと思ったので、私が使っているお香の専門店「流川香(りゅうせんこう)」の塗香を詳しくご紹介しますね。

塗香(ずこう)って何?という方のために簡単に説明しますと、塗香(ずこう)とは読んで字のごとく塗るお香のことです。

もともとは、僧侶が修行の前に邪気を払い心身を清めるために使用する粉末のお香なのですが、TV番組である芸能人が愛用していると話したことから注目されるようになった塗香。

お寺ブームの影響もあって、高貴な和の香りを身にまとう「粉末のフレグランス」として女性の間で密かな人気になっているんだそうですよ^^

火を使わないので、小さな子供やペットがいても安心して使えますしね。



こちらの「貴妃」は、絶世の美女として高名な楊貴妃がまとっていた香りをイメージして作られた塗香で、沈香(じんこう)、白檀(びゃくだん)、丁子(ちょうじ)、麝香(じゃこう)等の天然の漢方が主原料となっております。

今回ご紹介しているブランド「流川香(りゅうせんこう)」では、京都の有名なお寺や四国八十八か所霊場からの依頼で、 オリジナルの香りを調合しているんですよ。

心が落ち着いてリフレッシュできるので、受験生や試験を控えた方にもぜひ、使っていただきたい香りです♪

塗香(ずこう)貴妃の口コミレビュー

塗香(ずこう)貴妃の香りやテクスチャーは?

では、実際に流川香(りゅうせんこう)の塗香(ずこう)貴妃を使ってみますね。

流川香 塗香

ryusenko-zuko-kihi-2

袋を開けると、フワ~っとエキゾチックで温かみのある香りが広がります。

どちらかというと、白檀よりの香りで和の温かみを感じます。

手に取ってみると、サラッとしていて粒子がとても細かい粉末状のお香です。

流川香 塗香

ryusenko-zuko-kihi-hand

塗香(ずこう)貴妃の使い方

塗香には使い方のマナーがあるのですが、今回はあくまでも「粉末のフレグランス」として使ってみます。

まず、少量の塗香を手に取って両手の掌で温めます。すると肌の湿度や体温によって香りの広がり方が変化します。こうしてほのかに香りが立ち上がった塗香を手首や首など体に塗ることで香りが完成され使う方それぞれの香りが広がります。

流川香 塗香

ryusenko-zuko-kihi-finger

普段は、ミッレフィオーリのルームフレグランスを使っているのですが、アロマとはまた違った高貴な和の香りで、背筋がしゃんとするんですよね。

心身ともに清められて、雑念のない清らかな気持ちというんでしょうか。とにかく、落ち着くんです。

アロマも良いけど、たまには東洋の香り塗香でリフレッシュしたいなぁと思いました♡

ちなみに、私が愛用しているミッレフィオーリのルームフレグランスは、香りで女子力アップ!Millefiori(ミッレフィオーリ)プラグインディフューザーARIAの記事に詳しくご紹介していますので、ぜひご覧くださいね。

塗香(ずこう)貴妃はどこで買えるの?

今回ご紹介した塗香「貴妃」は通販で購入できます。

仕事や育児で忙しい毎日だからこそ、たまには高貴な和の香りをまとってホッコリしてみてはいかがでしょうか♡

本日も最後までお読みいただきありがとうございます♪
*あくまで個人的な感想であり効果・効能を示すものではありません。
ご使用前にお肌に合うか確かめてくださいね。